TOP > 夢未来ブログ >> 2007年08月

夢未来ブログ

映画鑑賞

近くに「TSUTAYA」ができこの夏は
新作づいています。
今日も「ハンニバル・ライジング」を鑑賞しました。
実は大きな声ではいえないわけですが
ハンニバル・レクター博士の隠れファンです。
「羊達の沈黙」「ハンニバル」「レッドドラゴン」
三部作に続いてレクター博士の過去を題材にした
映画が「ハンニバル・ライジング」でした。
なるほど・・・といった感想でした。
続編を期待します。
他はというと「幸せのちから」「ナイトミュージアム」
「それでもボクはやっていない」が夏の鑑賞新作でした。

愛読書

またまた久々です。
愛読書は漫画。
今日「トラゴン桜」完結巻を購入しました。
水野 東大合格,矢島 残念ながらという
結末に少し感動です。
この夏,貧乏神に取り憑かれにもかかわらず
MY 書棚は一気に満杯になってしまいました。
「ジパング」太平洋戦争ミッドウェーイ海戦に
突然出現した海上自衛隊イージス艦「みらい」
それによって歴史が変わっていく・・・
「太陽の黙示録」同時大地震によって
真っ二つに分かれた日本列島。
その統治を北日本は中国が南日本をアメリカが
果たして日本の再統一は・・・
どちらも10冊以上購入し今のところの全巻
「ジパング」31巻「太陽の黙示録」15巻まで
揃えてしまいました。
作は、「沈黙の艦隊」の「かわぐちかいじ」さんです。
また戦争物の続きで「大和」も4巻揃いました。
仕事がなくなったらコミックのレンタル屋も
始められる勢いです。

猛暑

暑い暑い暑い
午後から戸外での活動は控えるように
岐阜県多治見市の通報の頃
テニスコートで汗をかいていました。
午後三時にはオキシダント注意報まで
この暑さもあと何日か
花を咲かす努力は,この暑さをしのぐことかも。

ジパング

三日間の盆休みがあっというまに終わってしまいました。
プール・海といった昨年と同じ盆休みでした。
暑くなりビールの量も増えてしまいました。
ところでこの盆休みの話題はというと「ジパング 29巻です。」
太平洋戦争 ミッドウェイ海戦に登場した現代の海上自衛隊
イージス艦の漫画です。作者は「かわぐちかいじ」さんです。
作品としては,「沈黙の艦隊」「太陽の黙示録」という代表作があります。
当然我が家の書庫には全巻揃っています。
問題は,「ジパング30巻」が7月下旬に新刊で発売され,
26巻と28巻を古本市場で27巻を東京で購入し
この盆休み前後から29巻を求めて本屋まわりをしたところ
つたや,宮脇書店で全部で7軒まわってもゲットできませんでした。
なんということか・・・・。
本当に不思議なジパング29巻でした。
なんのこっちゃよくわからない久々のブログでした。

プレゼン

急な訃報で一日葬儀に行ってきました。
家に帰り明日の発表のプレゼンがやっと完成したところです。
明日から東京に行ってきます。
そして明後日の夜がまたまたうらじゃです。
自分で忙しさを作っている毎日です。
プレゼンはというとスライドができただけで
話は明日新幹線の中でと考えています。
そこにはだんだんと時間を舐めてきた自分が
でもまぁなんとかなるでしょう。

ひらかれた学校

ひらくという感じは開く・拓く・拓くというのが考え方です。
教育に必要なひらかれ方。
今回の「夢未来キッズ隊」で実感しました。
今回こどもたち27人そして保護者の力の結集が
衣装であり,当日の運営。
教育力のすごさを感じとることができました。
ひらかれるの意味は,そのすごい教育力をいかすことかなと
考えました。
これからの教育の方向になった一助になった「夢未来キッズ隊」うらじゃ初参戦でした。

スローライフ

二日間のうらじゃの喧騒から離れ
夕方 岡山市高柳の夏祭にいってきました。
西口から2KM。東口では,これからうらじゃそう踊りが始まります。
そこから5KM足らず。高柳の夏祭りはのどかな盆踊りでした。
ゆったりと時間が流れていました。
これで我が家の夏祭終了です。
慌しさとスローな盆踊り。
両方を受け入れられる子どもたちに育てほしいと願っています。

地方車

地方車  なんと読むでしょぅか。
正解は「じかたしゃ」です。
うらじゃ二日目地方車上に乗車
初体験でした。
夢未来キッズ隊うらじゃパレード初参加でした。
バレード練習はというとなんと・・たった一日10分の練習しか
やっていないパレード初参加でした。
地方車上心配で久々胃の痛みが・・でした。
うらじゃスタッフの冷たいこと。
時間どうりの進行のためしょぅがないなと思いつつも
「しろうとには優しくしろよな」という思いも。
しかし,子どもたちのがんばりで
二曲目・三曲目はほぼ完璧のバレードができました。
改めて子どもたちの力には感動でした。
来年は,もっとじょうずなあおりをがんばろうという
爽やかな地方車初体験でした。